我が家の庭は春真っ盛り!自慢のお花たちと立体書画をご紹介します

はじめまして、
遠江の国のゴールドマザー花使い「福桜(ふくろう)」です。

今日は、我が家自慢のお庭の花達の写真と、そのお花をつかった私のいけばな作品をご紹介します。
どうぞお付き合いくださいね。

1.お庭の花たち

藤の花

我が家の庭は、いま春真っ盛り!
藤の花が咲いて、とても綺麗です。

他にも、ブルーハイビスカス、こでまり、デイジー、コクテール、シラン等々。
お庭のあちこちで、お花をたくさん育てています。

花

毎朝、お花に水やりをしています。
30分ぐらいかかりますが、お花を愛でながらの水やりは、やっぱり楽しいですね。

我が家では、私だけでなく主人も、積極的にお花を育てるのに協力してくれます。
どちらかというと、私より主人がメインかな?!(笑)

ブルーハイビスカス

こちらは京都で購入した「ブルーハイビスカス」
主人が挿し木で少しずつ鉢を増やしています。
今では増やした挿し木の苗も大きくなり、沢山のお花をつけるようになりました。
淡い色のくるっと巻き状の花弁が可愛らしい花なんですよ。

2.庭の花をつかったいけばな

いけばな作品

私は、お庭で育てたお花をつかって、いけばなをいけています。

今回は、咲き始めの藤の花を、生花につかってみました。(左上の写真)
ちょうど綺麗に咲いていたコデマリも、立派な作品となりました。(右上の写真)

いけばな作品

上の写真は、藤の花をつかった自由花作品です。
生花とはまた違った趣がありますでしょう?

地方ならではの悩みなのかもしれませんが、昔に比べると、葉物、木物の花材は、手に入る花材の種類が少なくなりました。

プロの方が育てたような花材とはいきませんが、主人が大切に育ててくれたお花をいけて、いけばな作品をつくることは、私の生きがいであり、喜びとなっています。

いつも丹精込めてお花を育ててくれる主人に、感謝ですね!

3.立体書画工芸

立体書画

そんな主人は、お花を育てる以外に、立体書画工芸をやっています。
個展を開いたこともあるんですよ。

MEMO

立体書画工芸
立体書画とは、昭和52年に静岡県浜松市で始まり、竹や板などの材料に描いた文字や絵の輪郭を熱線で切り抜き、それをミリ単位で前に浮き出させたり沈めたりして固定することで立体的に表現する技法、アートです。
(主人のサイトhttps://fujitanobuaki.web.fc2.comより引用)

立体書画

立体書画は、細かい作業が多く時間がかかります。
出来上がった作品は、看板やオブジェとして飾ることができるので、趣を楽しめますよ。

いけばな作品と立体書画

そんな立体書画で、主人がつくってくれた
「花は心のともだち」

人と同じように、花も十人十色です。
私にとって、お花は心のお友達。

お花をいける静寂な時間、
私は、花たちに癒されています。