古い茶葉が美味しく変身!一味違う~ほうじ茶の作り方をご紹介します

GWでも夫との距離はソーシャルディスタンス⁈
遠江の国のゴールドマザー花使いの「おまっち」です。

今日は天気がいいので、夫さんが布団を干してくれてます。
庭に除草剤を撒いてくれるマメな人です~(^-^)

ありがたい。

この時期、毎日のように目にする新聞折り込み広告の新茶発売のチラシ
脳裏によぎるのは、我が家の冷蔵庫にずーっと眠っているお茶っぱ(くき茶?)、、、

今日こそはどうにかしよう!

今回は、古い茶葉を活用した「ほうじ茶」の作り方をご紹介します。

1.準備するもの

皆さんご存知、静岡県は「お茶の産地」です。
一年中、お茶に関しての新商品は出ていますが、このGWは新茶シーズン!
新茶は、香りが良くて美味しいですよねぇ~。

でも今日のテーマは、ありがちな家で眠っているちょっと古くなった茶葉の活用。

ほんの少しの手間で美味しくいただける「ほうじ茶」に変身させよう!

ということで、今回はほうじ茶の作り方をご紹介します。

準備するものは、下記の通り。

  • フライパン
  • 菜箸
  • 茶葉(適当でOK、お茶缶にはいるぐらい)

今回、茶葉40gを使いました。

2.ほうじ茶のつくり方

①コンロにフライパンを乗せ、茶葉を広げていれます。
②コンロの火を点火(弱火)します。
③しばらくそのまま(3~4分)にしておきます。

④菜箸でかき混ぜながら、軽く炒ります。
 茶葉が緑色から茶色に変わってきます。

⑤ほどよい感じの色になったら火を止めて、フライパンごと冷やします。
⑥冷めたら出来上がりです。
 お茶缶に移してください。

3.お茶の友

さっそく、出来上がったほうじ茶を試飲します。

急須に、先程つくったほうじ茶をちょっと多めに入れて、アツアツのお湯を注ぎます。
しばらくそのままに~。

んん~、香ばしくて美味しい!
簡単に出来たなぁ〜

と笑いながら夫婦で味わいました。

お茶の友は、とらやの黒糖味の羊羹!
たまたまありましたので~。

よかったら、皆さんもお試しくださいね。

MEMO

ほうじ茶の作り方を見ると「20分炒る」となっていましたが、茶葉が香って来たらそこで炒るのをやめても良い感じにできます。