先生に訊いてきました!初心者さん必見◎あなたにピッタリないけばな教室の選び方

遠江の国の見習い花使い「はるさめ」です。

いけばなをやってみようかな~と思う方が最初につまづきがちなのは、

「いけばなの流派は、どう選べばいいの?」

ということ。
他にも、どんな先生や教室を選んだらよいのか、いろいろと迷いますよね~。

今回は、遠江の国のマザー花使い達(いけばな講師)に訊いた「あなたにピッタリないけばな教室の選び方」をお伝えします。

1.いけばな流派の選び方

はるさめ
はるさめ

いけばなの流派は、公益財団法人日本いけばな芸術協会によると、加入流派だけで268流派(令和2年12月31日現在)、未加入流派を加えると300以上はあるといわれています。

そのうち特に会員数が多いのは日本いけばな三大流派、

「池坊(いけのぼう)」
「草月流(そうげつりゅう)」
「小原流(おはらりゅう)」

です。

こちらの三大流派を含め各家元が素敵なHPを掲載しているので、成り立ちや理念等を確認していただくことができます。

はるさめ
はるさめ

HPを見ても流派による違いがよく分からないーというときは、どうすればよいですか?

片岡先生
片岡先生

そういうときは、花展に行ってみて!
一度にたくさんの流派が見られるから、違いが分かるわよ。

はるさめ
はるさめ

なるほど~!
確かに、いろいろな流派が見られるので分かりやすいかも~。

いけばなの花展は、春と秋に開催されることが多いです。
お住まいの近隣イベント情報で、ぜひ確認してみてくださいね。

ちなみに我が遠江の国の花使いの流派は「池坊」です!

油井先生
油井先生

池坊は他の流派に比べると地味に見えるから、花展では立花をいけることが多いわね。

はるさめ
はるさめ

立花は見ごたえがありますものね~!
いつかは立花をいけたいーという理由で、いけばなを始められる方も多いです。

片岡先生
片岡先生

小原流は、ボリュームのある作品が多く、花材も大振りでダイナミックな作品が多い印象があります。

はるさめ
はるさめ

草月流は、独創的で個性的な作品が多いので、他の流派とは違いが分かりやすいと思います。

ぜひ足を運んで、いろいろな作品を鑑賞してみてくださいね。

花展へ足を運べないときは、家元HPやいけばな教室HPで、作品写真を見てください。

あなたの感性にピンとくる作品があったら、流派を確認してみるとよいですよ。

POINT

流派の違いは、花展で様々な作品を鑑賞すると分かりやすいです。
あたなの感性に響いた流派がお勧めです。

2.「通いやすさ」も大事です

習い事を始めようとするとき、「用事が入って通えなかったら~」と躊躇することがあるはず。

そんなことにも臨機応変に対応してくれる「いけばな教室」があります。

  • お休み分のお稽古を、振替レッスンしてくれる
  • お稽古の曜日が自分の都合とあわないときは、別の曜日にお稽古してくれる
  • 午前中にレッスン可能
  • 夜遅くでも対応
  • 子連れでのレッスンができる

詳細はHPに記載しないことが多いので、気になる教室には問い合わせてみることをお勧めします。

いけばなは「短期間で」というより、コツコツ続けて習得していく習い事です。

忙しい方こそ、いろいろと融通がきく教室を選択してください。
ご自宅の近くや会社帰りに寄れるところなど、頑張りすぎずに通える教室を選んでいただくのがよいでしょう。

POINT

先生のご厚意で、お稽古日の日にちや時間は融通がきくことがあります。
自分の条件に合わなくても、気になる教室があったら、まずは問い合わせてみてくださいね。
通いやすさ」は重要です。

3.先生について

いけばなの先生には、さまざまな年代の方がいらっしゃいます。
若くても沢山の経験を積まれ知識豊かな方や、男性講師の方も活躍しています。

田名網先生
田名網先生

昔はね「千年の稽古より、万年の師を選べ」って言われるぐらい、師匠選びは大事って言われてたのよ。

はるさめ
はるさめ

良い師匠に習うことは、千年稽古する以上の価値があるということですね。

いけばなは、花材の取り扱い方を先生の手さばきを見て覚えていきます。

取り扱う花材は毎回違うものになりますので、いけばなを初めてやられる方は、できるだけ質問しやすい先生を選ぶと良いですよ。

いけばな経験者の方は、HPや花展等で先生の作品を見て、気に入った作品を創作している講師を選ぶことをお勧めします。
挑戦したいことがある方は、その旨を伝えて受け入れてくれる先生を探すと良いでしょう。

はるさめ
はるさめ

自分にあう先生か、知る方法はありますか?

田名網先生
田名網先生

まずは体験レッスンに行ってみてね!
気に入る先生が見つかるまで、いろんな先生の教室に行ってみるといいわよ。

多くのいけばな教室では、お稽古体験できる機会を設けています。

花材の取り扱い方、知識を教えてくださるときの言葉遣い、教室の雰囲気などは、先生によって様々です。
自分がしっくりくる先生をぜひ探してくださいね。

POINT

初心者さんは、質問しやすい先生を選びましょう。
「体験レッスン」を上手に活用してくださいね。

4.迷うならやってみよう

新しいことを始めるのは、なにかと躊躇しますよね。

松野先生
松野先生

やらずに後悔するなら、やってから後悔した方が何かしら得るものがあると思うわ。

緊張することもきっとあることでしょう。
それでも、新しい出会い、新しい発見など、楽しい事もたくさん待っているハズ。

私たち花使いは、お花を愛でる仲間が増えること、そしてお花とつながったご縁で、いつかどこかであなたに会えることを楽しみにしています。