アイミティ浜松いけばな(池坊)|お遊び編~手作り花器に花をいける

2022アイミティ浜松いけばなあそびのお花作品

遠江の国のゴールドマザー花使い「あつみん」です。

アイミティ浜松のいけばなお稽古では、一期に一回程度、遊びのお花を取り入れています。

今回は、お稽古~お遊び編として100円ショップの食器で花器を作り、お花をいけてみました。

1.100円ショップでお宝探し

まずは準備として、100円ショップで花器になりそうなものを探しに行きます。

お洒落な小物などが充実満載で迷うこと、なんと1時間!(笑)

今回は、食器を使って花器を作ってみることにしました。

購入したものは下記の通り。
すべて100円ショップで揃えることができます。

  • 平たいお皿
  • 上記とお揃いの小鉢
  • オアシス
    (剣山の代わり、吸水性スポンジ)
  • オアシスホルダー 3個
    (オアシスをとめるピン状のもの)
  • 強力な両面テープ

マグカップなどをただ使ってお花をいけるのでは面白くないので、ひと工夫することにしました。

お皿の色は、白とブルーを用意しました。

2.食器をアレンジした花器のアイデア

いよいよ花器の製作開始です!
お皿の上に小鉢を置いて、お花のレイアウトを考えます。

小鉢の中に、オアシスを仕込んでお花を生ける。
小鉢の下からもお花を覗かせたいなあ!

小鉢の下からお花を生けるには、そこにもオアシスを仕込んでおかないといけません。

アイデアがまとまったところで、さっそく花器をつくっていきます。

3.花器の作り方(基本形)

1.あらかじめ、オアシスピンの底に両面テープを貼っておきます。
  平らなお皿の中央にオアシスピンを置いて、両面テープで固定します。

2.先程貼り付けたお皿の上のオアシスピンに、適当な大きさにカットしたオアシスを挿して固定します。

3.小鉢の底面に、オアシスホルダーを両面テープで貼り付けます。

4.小鉢に取り付けたオアシスピンを、先程作ったお皿のオアシスに挿して固定します。

5.小鉢の内側底面にオアシスピンを置き、両面テープで固定します。

6.先程小鉢に固定したオアシスピンの上に、オアシスを挿して固定して完成です!

POINT

オアシスを固定する場所は、少し横にずらしても素敵な花器が出来上がります。
生徒さんの作品を参考にしてくださいね。

4.お花をいけた生徒さんの作品

アイミティ浜松いけばな(池坊) 手作り花器でいけたお稽古作品

今日の花材は、
ヒメガマ・ヒマワリ・ブルースター・ナルコユリ

アイミティ浜松いけばな(池坊) 手作り花器でいけたお稽古作品
アイミティ浜松いけばな(池坊) 手作り花器でいけたお稽古作品

生徒さんたちは、ナルコを多めに使って緑を多く生けたり、小鉢を真ん中に置かず少しずらして置いて生けたりと、素敵な作品をつくってくれました。

アイミティ浜松いけばな(池坊) 手作り花器でいけたお稽古作品
アイミティ浜松いけばな(池坊) 手作り花器でいけたお稽古作品

楽しく生けてもらえたかしら!
次回は、どんなもので楽しんでもらおうかなあ。